川筋日記 blog

川筋とは・・・

玄界灘に注ぎ込む遠賀川流域沿岸のことを川筋(かわすじ)と言います。 かつて筑豊は石炭で栄え輸送はもっぱら川舟で行い、最盛期には約8,000隻の舟が行き交うため、 油断をすると事故につながりました。 そのため船頭に必要とされた気質が度胸と体力はもちろん信頼が第一でした。 きっぷが良く、情にもろく、そんな暖かい気質がなければ務まらなかったそうです。 当社もこの川筋気質を大切に皆様のお役に立てれる会社づくりに励んで行きたいです。




今年の夏、知人と知人の子供達と一緒に陶芸教室に行って来ました。

福岡にも多くの窯元がありますが、飯塚市と福岡市の市境の山間の

『陶房八木山 青空間(せいくうかん)』 という窯元にて陶芸体験をしました。

人生で初陶芸です!

その出来上がりが・・・ これ ↓

DSCF1396

大きく見えるかと思いますが、実物はお猪口ぐらいです。笑

基本知識もなくただ指導されるままに必死に造りました。

〈  造 り 方  〉

① 底にあたる部分を丸く平らに造ります。

② 紐状伸ばした粘土を①の上に1段づつ巻いてゆきます。

③ 隙間が出来ないように内側・外側から粘土を成形します。

粘土は乾くとヒビが入るので、乾き過ぎないように水を指先に含ませながら成形してゆきます。

④ 最後に器の口を水平にならして完成!!

この造り方のほうが仕上が丈夫とのことでした。♪

後はオリジナルを造ってみましたが・・・ とてもお見せ出来る物ではありませんでした。笑

他に知人は電動ろくろの体験もさせて貰っていましたが、私は不器用なので遠慮しました。

初体験に緊張しながらではありましたが、終わってみるととても楽しい時間でした。♪

まったくの素人に丁寧な指導をしてい頂いた窯元のご夫婦はとても良い方でした。

また機会があればチャレンジしてみたいです。♪

DSCF1379

 

 



△このページの先頭へ

菖蒲の花畑を先へと進むと・・・

いろんな色・模様の菖蒲が咲いていました。

DSCF0943

 

DSCF0944

 

DSCF0941

まだまだ楽しめそうですので、皆さんも是非お出かけ下さい。

DSCF0949

 

DSCF0951

 

DSCF0923



△このページの先頭へ

6月の花と言えば・・・

1

菖蒲ですね。

先日の休日を利用して、長崎県大村市玖島にある大村市立の大村公園に行って来ました。

この公園は玖島城跡の外堀を利用した公園で、

春にはソメイヨシノや国の天然記念物のオオムラザクラなどが咲く桜の名所でもあります。

2

まるで絵葉書を見ているようでした。

毎年来るタイミングを計っていますが、満開時期と休みが合わず、今年やっと満開の菖蒲を見れました♪

DSCF0897

 

DSCF0901

到着してすぐ、秋田県せんぼく市の伝統芸能 「 飾山囃子(おやまばやし)」を見ることが出来ました。

秋田県仙北市角館地区で、9月に神明社の祭礼に行われる歌舞で

飾山という人形などを飾った山車の上で舞われる踊りだそうです。

DSCF0913

DSCF0919



△このページの先頭へ

黄砂? PM2.5? でしょうか。

IMG_0360

会社から見える福智山が霞んでいました!

窓を開けていると・・・

目はごろごろ、鼻はむずむず、喉はいがいが

こんな日に外仕事の方はとても大変だと思います。

雨が降ってくれるといいのですが・・・。



△このページの先頭へ

つつじが満開でした♪

桜の次は・・・つつじを見に出かけました。

長崎県松浦市志佐町里免の「不老山総合公園」に行って来ました。

ここは松浦市を一望出来きる絶景ポイントでもあり、

約11万本のつつじが斜面を彩る名所と聞き訪ねてみました。

駐車場に着くと・・・

DSCF0283

斜面いっぱいのがつつじでお出迎え♪

山の斜面にあるので下から見ても

DSCF0296

上から見ても絶景でした。♪

DSCF0302

 

DSCF0312

 

DSCF0291

 

DSCF0341

天気にも恵まれ、つつじと海と空のコントラストがとても綺麗で、

「お弁当を買ってここで食べれば良かった」と思うくらい絶景でした。♪

さて、次の目的地へ・・・。



△このページの先頭へ

錦帯橋を後にし、次の目的地は「ときわ公園」の・・・やっぱり桜でしたが、

桜もさることながら、綺麗な木蓮が見れるのです。

DSCF0274-1

たいぶ花が散っていましたが、足元一面花の絨毯で

ここの紫の木蓮の大きな花々は圧巻でした♪

DSCF0276

そして帰りの高速のサービスエリアで見つけたのが・・・

DSCF0269

木彫りの鶏!

子供が乗れるくらい大きな木彫りで、

親鳥の腹元には雛も2羽おり、とても可愛くて

出入り口なのも忘れて写真撮影をしていました。笑

鶏の表情から彫られた方の思いが伝わってくるような

可愛く微笑ましい作品だと思いました。

作者はどんな方なのでしょう。笑

 

 

 

 

 



△このページの先頭へ

今年の桜見は山口県岩国市へ行きました。

岩国と言えば・・・ここですね♪ 錦帯橋♪

あいにく霧雨が降っていましたが、

その偶然で幻想的な景色が見れました♪

DSCF0185

雲の上に架かる橋の様に見えませんか?

この景色に周りからも「わ~!」と声があがっていました。

霧が晴れると桜と錦帯橋の絵葉書のような景色が見れました♪

DSCF0204

 

DSCF0226

DSCF0248

5年ぶりに来ましたが変わらず綺麗な桜でした。

DSCF0267

こちらの「桜の標本木」も元気に花を咲かせていました♪

DSCF0227

桜並木を歩きながらふと足元を見ると綺麗な桜が・・・?

DSCF0232

草から桜の花が咲いてる?と思いきや・・・

これは鳥が桜の花を落としているとのこと。

せっかくの花が・・・でも足元に咲く花のようで綺麗でした。

錦帯橋の桜はとても綺麗でした。♪

DSCF0262

 

DSCF0259

 

DSCF0263

錦帯橋を満喫した後は・・・宇部市へ向け出発!

 

 



△このページの先頭へ

東京では桜が満開の処もあると聞くなか・・・・

福岡では・・・・・晴れたり雨が降ったり天候がくるくる変わり、

ついにはバラバラ音がし始めたので外に出て見ると・・・

DSCF0170

雹(ひょう)?霰(あられ)?があっと言う間に降り積もっていました。

もう4月なんですが・・・。笑

桜もびっくりでしょうね。笑



△このページの先頭へ

私ごとではありますが、このたび大型免許を取得することができました。

入社して5年になりますが、先輩方から「免許を取りに行け」と言われ続け笑って流していましたが、ようやく重い腰を上げ去年の12月から自動車学校に通い始めました。

今まで大きいものでも、積載2トン・総重量5トン未満の車しか運転できなかったので場内を走るのも緊張しっぱなしでしたが、練習を重ねるにつれて日に日に慣れてきて、今日検定でミスなく運転でき見事合格することができました。

これから安全運転を心がけ事故を起こさないよう充分注意して運転していきたいと思います。

自分がどんなトラックも引き取りに行きますので、買い取りのお電話どんどんお待ちしております。

言い忘れましたが、部品課の花田です。

無題



△このページの先頭へ

先日の休みに福岡県朝倉市杷木(ハキ)の 「道の駅 原鶴」に行って来ました。

この「道の駅 原鶴」は・・・

dscf8005

 

目の前の田んぼ一面にひまわりが咲く、ひまわりの名所の一つです♪

 

dscf8008

 

毎年9月に沢山の花が咲く「杷木(ハキ)のひまわり」

朝9時も過ぎると道の駅原鶴の駐車場はいっぱい!

なので、今年は朝一で、まだ警備員さんも出勤していない時間に行ってみました。笑

観光客は私を含め数人だけで、ひまわりが静かに風に揺られていました。

 

dscf7995

 

朝日に向かって一生懸命に花を咲かせている後ろ姿もかわいいです。♪

 

dscf8002

 

向日葵は「キク科ヒマワリ属」で、和名の由来は、

太陽の動きを追うように花が回るといわれたことから

日回りと表記されることもあるとか。

太陽をイメージさせる大輪の花です。♪

その花の中心を覗くと・・・

 

dscf7984

 

お仕事中!! の蜂がいました。

カメラとの距離が15cmもないくらいまで近づいても・・・  気付かない・・・

と言うより、「忙しいんだから ! 」という感じに一生懸命に仕事をしていました 。♪

頭先から足先まで、い~ぱい! 花粉まみれにながら蜜を集めていました。笑

働き者です。!

 

dscf8012

 

そして、今年もありました♪

毎年、畑の何処かに一輪は咲く 「ハート❤」型のひまわり見つけました♪

今年はちょっとハートが分かりづらいのですが、見つけるとなんだか幸せな気分です。

まだ十分楽しめますので、皆さんも「ハート❤型のひまわり」を探しに出かけてみて下さい。

 



△このページの先頭へ






中古トラック・トラック部品販売 【第一展示場】〒820-1114 福岡県飯塚市口原1014-1 TEL 09496-2-6666 FAX 09496-2-5888 【第二展示場】〒820-0013 福岡県飯塚市上三緒920-11 TEL 0948-23-3311 FAX 0948-23-3314


Eメール hutaba@viola.ocn.ne.jp


Copyright (c) 2014 FUTABA SHOKAI All Rights Reserved.